起立性調節障害の改善なら

起立性調節障害(Orthostatic Dysregulation, OD)は、立ち上がるときに血圧が適切に調節されず、めまいや失神などの症状を引き起こす状態です。これは自律神経系の調整不全が主な原因とされています。

起立性調節障害の原因

  1. 自律神経の不調:
  • 自律神経系が血圧や心拍数を適切に調節できないために発生します。特に、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることが原因です。
  1. 血液循環の問題:
  • 血液が下肢に溜まりやすくなり、脳への血流が一時的に減少することがあります。
  1. ストレスや精神的要因:
  • ストレスや不安が自律神経のバランスを崩し、症状を悪化させることがあります。
  1. 睡眠不足や不規則な生活習慣:
  • 睡眠不足や不規則な生活が自律神経の機能を低下させることがあります。

カイロプラクティックの立場からの改善方法

カイロプラクティックは、脊柱や骨盤の歪みを調整することで神経系の機能を最適化し、自律神経系のバランスを整えることを目指します。以下はカイロプラクティックの視点からの改善方法です:

  1. 脊柱のアジャストメント:
  • 脊柱の歪みを調整することで、神経の流れを正常化し、自律神経系の機能を改善します。
    特に、上部頸椎の調整は自律神経に直接影響を与えるため重要です。
  1. 姿勢の改善:
  • 正しい姿勢を保つことで血液循環を良くし、起立時の血圧調整をサポートします。
    姿勢矯正エクササイズやストレッチが推奨されます。
  1. 生活習慣の指導:
  • 規則正しい生活習慣や適切な睡眠、バランスの取れた食事を指導し、自律神経のバランスを整えます。
    カーテンを開けたまま寝ましょう。
  1. ストレス管理:
  • ストレスを軽減するためのリラクゼーションテクニックやメンタルヘルスサポートを提供し、神経系の負担を減らします。
  1. 運動療法:
  • 適度な運動は血液循環を促進し、自律神経系のバランスを整えるのに役立ちます。
    特に有酸素運動やヨガが効果的です。

カイロプラクティックは、体全体のバランスを整えることで、起立性調節障害の症状を改善し、生活の質を向上させることを目指します。
具体的な治療計画は個々の患者の状態に応じて異なるため、専門家と相談しながら進めることが重要です。

まずは2・3か月の施術期間が必要です。